富山の注文住宅のポイント富山の注文住宅のポイントとは

注文住宅と建売住宅の違いについて

注文住宅と建売住宅を比べて見ると、いろいろな違いがあると思いますが、最も大きいのは自由度の違いということになるかもしれません。

建売住宅の場合は、既に建てられていることが多く、これから建てられる物でも既にどのような住宅を建てるかが決まっていると思いますから、間取りや外観、家に使う素材は決まっている場合が多いと思います。

注文住宅の場合は、設計の段階から住宅メーカーと相談して決めていくことになりますから、自由な間取りにすることができますし、建物の外観も自分たちの好みに合うようにデザインしていくことができることになります。

当然建物に使用する素材についても自分たちの好みで選んで行けることになると思います。

自分たちの理想の住宅を建てるには、非常に有利な点が多いと思いますが、ただ自由に選べる範囲が広くなる分、いろいろと判断しないといけないことが多くなりますから、選択肢が広くなることによる弊害も出てくるかもしれません。

また、工事費のことを考えると建売住宅の方が有利な場合が多いようです。

注文住宅だと、建売住宅よりも工事費が高くなる傾向があるようですし、更に設計にかかる費用も必要になりますから、費用の点だけ考えるとあまり良い選択とは言えないかもしれません。

しかし、建ててから長い間そこで生活することを考えると、自分たちの理想に近い住宅にできることは大きな魅了だと思います。

また後のことを考えた場合は、建売住宅よりも良い点がいくつかあるようです。

例えば、将来増築などが必要になった場合は、注文住宅の場合はあらかじめ増築が可能な工法で建てておくことができますが、建売住宅の場合は、ツーバイフォー工法で作られる場合が多いそうですから、増築は難しくなるようです。

また、アフターサービスについては、注文住宅の場合は、建てた工務店などが家のある限り責任を持って面倒を見ると言ってくれる場合が多いそうですが、建売住宅の場合は、会社によって違ってくるそうなので一概には言えないようですが、注文住宅の場合ほどのアフターサービスは期待できない場合が多いようです。