チラコイドのダイエット効果って具体的にどのような効果があるの?

チラリッカの主な成分は「チラコイド」というほうれん草から抽出される成分です。
このチラコイドがダイエットには効果抜群なのですがどのような効果があるのでしょうか?

チラコイドの3つの効果

チラコイドには大きく分けて3つのダイエット効果があります。
1.「満腹ホルモンで食欲を抑えるダイエット効果」
2.「血糖値の上昇を抑えるダイエット効果」
3.「ストレスによるニセの食欲を抑える働き」

 

上記の効果はスウェーデンのルンド大学のシャロッテ・アーランソン-アルバートソン教授により、臨床試験の結果にて証明をされました。

 

では、チラコイドの3つのダイエット効果を詳しく説明していきますね。

1.満腹ホルモンで食欲を抑えるダイエット効果

チラコイドには「レプチン」「コレシストキニン」といった満腹ホルモンをたくさん出す成分が入っている為、食欲を抑える為ダイエット効果があります。
通常、満腹ホルモンは食事を始めて30分ほどで分泌されるため、
早食いをしてしまうと、満腹ホルモンが十分に分泌されずに食べ過ぎや空腹感をすぐ感じてしまう原因になります。
チラコイドはそういった満腹ホルモンの分泌量を増やす働きがあるため、普段より多く、長く満腹感を感じるようになり、その効果は6時間程度とされています。
なかなか満腹感を感じられない、すぐお腹が空いてしまう、そんな方にチラコイドが効果的です。

レプチンとは

主に体脂肪で作られるホルモン。
食欲の抑制とエネルギー消費増加の命令を脳に伝える。
ただし、体内に脂肪が増えすぎると、レプチンも増えていき
脳がレプチンで飽和状態になってしまいます。すると、脳が
麻痺をしてしまい、レプチンが効かない「レプチン抵抗性」という状態が生じてしまいます。
この状態になると、満腹や脂肪燃焼への命令が出なくなってしまいいくら食べても満腹にならず、脂肪が蓄積されてしまう悪循環に

コレシストキニンとは

主に消化器官で作られるホルモン。
さらに血液にのって体中を駆け巡って脳まで運ばれるのではなく、直接、脳幹につながる迷走神経を通じて強力な満腹信号を送る働きがある。

2.血糖値の上昇を抑えるダイエット効果

 

3.ストレスによるニセの食欲を抑える働き